「シロでもクロでもない世界でパンダは笑う」第一話、山口真帆さんの演技の感想

  • 2020.01.13 Monday
  • 18:21

青鶴白スポットライト

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

 

#シロでもクロでもない世界でパンダは笑う  
のメイン感想です。

 

 

最初にお断りしますが、私は刑事ドラマ位しか普段見ておらず、ドラマ鑑賞はド素人未満です。
以下、ただの一感想です。

 

 

注意:ネタバレだらけですm(_ _)m

 


まず #山口真帆 さんのシーンの前半半分くらいは、「胸が痛む…」でした。そう思わせたのは、もちろん #NGT事件 を想い起させるようなシーンが多々あった事、物語設定の被害が「セクハラ」「ストーカー」だった事もありますが、重要な要素があります。演技の大半に「素」を感じさせた事です。

 

投稿動画シーンも、社長と対峙するシーンも、ドラマを普段見ていない私でも、少々違和感を感じた所が有りました。
◆刑事ドラマとかの告発シーンに比べて怒り感情が少ない
◆社長と対決する時、視線が泳いでいる
「作り物」ならば、これは「直される」所だと思うのです。

あえて直して無い。

 

#山口真帆 さんが去年、告発された時も、「怒りで一杯」ではなく、むしろ「恐怖と緊張」の動画でした。
「告発する人間は、決意と怒り」という(刑事ドラマではよく見る)パターンではなく、「恐怖と緊張を感じながらも告発する」という新パターン。

これは、山口さんでなければ演じられない役です。

 

2020年1月12日。それは「闘士タイプではない、恐怖と緊張を感じるような一般人でも、動画投稿において告発する」という、「#山口真帆 さんという現実を受けた、セオリーから外れた新しい描き方」が、#シロクロ というドラマにおいて成立した日でもあったような気もするのです。

 

そして #山口真帆 さんの「素」をそのまま生かした #日本テレビ と #研音 は、「山口真帆さんの動画告発」を、少なくとも物語として間接的に「否定しない」事を公式表明しました。
◆素を活かして新しい演出を実験
◆日テレと研音の意思表明
この2つが、1月12日の #シロクロ でなされました。

 

さて、ここまでは「ハラスメントとストーカー暴行事件の被害者である、素であった #山口真帆 さんにしか演じられない役」についてですが、ここからは「女優としての演技力」です。昨夜は私は「ある一点の演技だけで、説得力があった」と述べたところです。

 

他は「…素を活かしている…(それだけに胸が痛む…)」と感じた所でしたが、一点、「脚本・山口さんによる『演出』」と感じた所。

 

それは、悲鳴(絶叫)です。

 

横山(山口さん)は「殴られた瞬間」とか「殴られている間」に悲鳴を挙げられたのではありません。
社長と対峙してる時は身構えています

横山愛菜(山口真帆)が悲鳴をあげるのは、窓に映った自分の姿を見てからです。

 

せっかく綺麗になったのに、傷をつけられてしまった

 

最も胸が痛むシーンでした。

 

ここでの絶望表現は、人前で出した事の無い女優の姿。
ここで「素を活かした実験」ではなく「女優:山口真帆の誕生」を感じました。

 

抑々論として、「実体験・素のまま」で「ハラスメント・ストーカー被害者」を公に演じられる女優って…

刑事ドラマしか私は見て居ませんが、そういう前例って見た事ありません。

これを最初から「女優っぽい普通の演技」に直したら、勿体ない。#シロクロ の「素のまま演出」は、歴史に残ります。

 

それと共に、制作者と #研音 は、#山口真帆 さんの演技力もちゃんと活かし、次に繋いだ。「窓に映る横山愛菜」の姿は、我々が「山口真帆」を直接的に「元アイドル被害者」として見るのではなく、間接的に「カメラに映る女優・演者として見る」事を象徴していたと感じます。

 

とにかく「#山口真帆 さんの体験という素材を活かし、山口さんの演技力を活かし女優として登場させ、過去を否定せずに女優として世に出す意思表明がなされた」「ドラマとしても無理なく社会問題要素を大盛り」な #シロクロ 、歴史に残る作品になると思います。来週以降も見ます。大変面白かったです。

 

そしてこの「安全第一」の時代に、「ハラスメント・ストーカー被害者が、フラッシュバックを起こす恐れ」があるにも関わらず、ハラスメント被害とストーカー被害に、真正面から向き合って演じられた #山口真帆 さんの精神力と決意に、脱帽です。どうか心身お健やかにと、これからも願い続けます。

スポンサーサイト

  • 2020.03.31 Tuesday
  • 18:21
  • 0
    • -
    • -
    • -

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • ツイッター社に感謝しつつ…「誤凍結のお詫び」は何だったのでしょう(まだ凍結解除されていません)
      三鶴 (11/19)
    • ツイッター社に感謝しつつ…「誤凍結のお詫び」は何だったのでしょう(まだ凍結解除されていません)
      三鶴 (11/19)
    • ツイッター社に感謝しつつ…「誤凍結のお詫び」は何だったのでしょう(まだ凍結解除されていません)
      三鶴 (11/19)
    • ツイッター社に感謝しつつ…「誤凍結のお詫び」は何だったのでしょう(まだ凍結解除されていません)
      三鶴 (11/19)
    • ツイッター社に感謝しつつ…「誤凍結のお詫び」は何だったのでしょう(まだ凍結解除されていません)
      三鶴 (11/19)
    • ツイッター社に感謝しつつ…「誤凍結のお詫び」は何だったのでしょう(まだ凍結解除されていません)
      三鶴 (11/19)
    • ツイッター社に感謝しつつ…「誤凍結のお詫び」は何だったのでしょう(まだ凍結解除されていません)
      三鶴 (11/19)
    • ツイッター社に感謝しつつ…「誤凍結のお詫び」は何だったのでしょう(まだ凍結解除されていません)
      三鶴 (11/19)
    • ツイッター社に感謝しつつ…「誤凍結のお詫び」は何だったのでしょう(まだ凍結解除されていません)
      きんぎょ (11/17)
    • ツイッター社に感謝しつつ…「誤凍結のお詫び」は何だったのでしょう(まだ凍結解除されていません)
      ももんがじゃんぷ (11/17)

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM